AGA治療費は保険の適用がありません!が医療費控除は可能性あり

AGA(Androgenetic Alopecia男性型脱毛症)治療は、治療に使用されているフィナステッドという治療薬が健康保険の給付対象ではないため、この薬を使用したAGA治療の費用は保険が適用されません。

この治療薬を用いたAGAの治療費全体が適用外です。

従って、費用は全額自己負担となります。

脱毛症という症状は、病気ではないのですね。

美容整形と同じで、美容を目的とする治療の範囲にあたるためのようです。レーシックやインプラント、ED治療などと同じ扱いとなります。

植毛も同じです。医療機関で治療を受けてもやはりダメのようです。

Sponser Link






AGA治療に医療費控除は適用される

保険がダメならせめて医療費控除は受けられないか。

結論から言いますと、適用される場合があります。100%適用されるわけではありません。

基本的にAGAの治療は医療費控除適用外です。この根拠は、美容整形と同じで美容を目的とした治療と判断されるからです。

しかし例外として医療費控除が受けられる事例があります。

男性型脱毛症治療薬「プロペシア」を使った治療だけは認められています。

プロペシアは厚生労働省が脱毛症治療に効果があるとして承認したフィナステッドを含有した治療薬です。

当然医師の診断と薬の処方が前提条件となります。

この薬は非常に高価な薬ですが、保険の適用は受けられません。しかしこのように医療費控除の対象となる治療費と薬代です。

そして、通院のための交通費も含めてもいいことになっています。

では実際の医療費控除の申請をする確定申告の現場ではどうなっているのでしょうか。

・ 病院やAGAクリニックで脱毛治療薬プロペシア、ミノキシジンなどが処方された。その治療費と薬代。

・ サプリや発毛剤の処方がされた。医師による治療薬の直接注入もされた。これらの費用

などは医療費控除の対象となっている報告があります。

各税務署の担当者によって判断が分かれる場合があります。厳密な線引きが難しいようです。事前に税務署で確認することをおすすめします。

医療費控除の対象とならない費用

病院やAGAクリニックで診察、治療を受けずに、自分で薬局やネットで購入した薬の費用は医療費控除の対象になりません。

育毛剤や育毛シャンプー、海外から取り寄せたAGA治療薬、治療ではなく、予防を目的にしたサプリメントなども適用外です。

ここにも実は例外があります。

育毛剤で、ミノキシジルという成分が配合されている治療薬は医療費控除の対象となります。

例えば、商品名リアップ×5プラス 大正製薬(第1類医薬品)は適用されます。

因みに、円形脱毛症の治療で使われるフロジンやアロビックスも医療費控除の対象となります。

まとめ

病院やAGAクリニックなどのAGA治療のための治療費及び薬代は基本的には保険の適用外となっているため、医療費控除もまた適用外、というのが基本のようですが、患者の増大と高価な薬代ということで、厚生労働省もその線引きがあまくなってきています。

いつかは現在、例外事項として認めている内容が、指導要綱として明確に示されることになると期待したいところです。

参考サイト:AGA治療に8年間通った「効果」と「料金」の全てをお伝えします。